読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる商品やサービスの雑記

気になる商品やサービス等の雑事を書いています

ホコリ、ダニ、カビ

近年、ぜんそく、鼻炎、そしてアトピー性皮膚炎などアレルギー疾患の  

患者が急増しているといわれています。                                                              

その原因の一つに、アレルゲン(アレルギーの原因となる高原物質)

であるダニの増加があげられます。                                                                     

ダニは、高温多湿で、えさになるカビやフケなどがあり、卵を産む場所があると

よく繁殖します。                                                                     

鉄筋コンクリートにアルミサッシ窓という密閉家屋で、      

絨毯を敷き暖房を利用する最近の生活は、                                                           

ダニにとって格好の住みかなのです。                                                                        

ダニのほかに、室内のハコリやカビもアレルゲンとして重要なものですが、  

それらの発生条件はダニの繁殖条件とほぼ一致します。

ホコリが多くかびの生えやすい環境は、ダニの増える環境でもあるわけです。

ホコリ・カビ・ダニ対策は、何よりも日常の生活様式にあります。

部屋によく風を通して室内の湿度を低く保つ、                                                                  

晴れた日には寝具類を干してよくたたく、                                                           

室内にホコリをためないよう電気掃除機やレイコップ・ ふとんクリーナー や  

濡れ雑巾でいつもよく掃除する。                                                           

年に一、二度は畳や絨毯を上げて日光干しにする、などを守りましょう。

ペットをかっている家庭では、ペットの毛や排泄物 の

掃除も頻繁に行うようにして下さい。 

                                                                               

パワーストーンのお手入れ方法と注意点

石ですので、水に弱い性質がありますので、汗、水にぬれた場合は、柔らかい布でふきとって頂く事をおすすめします。                                                   

化粧品・薬品などがついた場合は、変色する恐れもありますので、ご注意ください。

パワーストーンの浄化について                                           

パワーストーンを装着していると、パワーストーンもつかれてきます。

悪い気にも触れたりしているため。

そのため、浄化・・・リセットし、パワーストーン本来の力を発揮するため、

定期的に浄化をお願いします。                                               

                                                                                                               

*ブレスレット浄化方法                                    

・浄化用の水晶(さざれ・クラスター)の上に置く。

(全ての石に対応)                

・月光による浄化。新月から満月の夜に、月光浴させる。              

(満月が良いでしょう)0時前迄に行って下さい。                          

(全ての石に対応)

・セージをいぶした煙に、ブレスをあてて浄化

    (全ての石に対応)                                  

・塩による浄化                                                                                                                   

(塩分に弱い石・金属はNG)                                                          

・音による浄化 クリスタルチューナーで行います                                      

(全ての石に対応)                                                                                                      

・流水による浄化                                                                        

(水に弱い石はNG)  

 

*誕生石              

1月.ガーネット                                                       

       【実りの象徴】とされ、目標に向かい、           

       コツコツと積み上げてきた努力の成果をみのらせて、  

       成功へと導いてくれると言われています。          

2月.アメジスト                       

       愛情・恋愛運の代表的な石で、官能の石・知性の石と伝承され、

       また、家庭運の石でもあり【家族との絆をふかめてくれる】 

       【愛の守護石】【真実の愛を守り抜く石】としても崇められています。

3月.アクアマリン

       幸せと永遠の若さの象徴であり、富と喜びをもたらしてくれると古くから、

       「幸福・美容・不老」の宝石として人々に親しまれ、

       貴重な石として大切にされてきました。

4月.水晶                                                                                                                          

       水晶の意味効果には、「浄化、開運、願望成就、魔よけ」 

       すべてのものを浄化し、生命力を活性化させ、

       潜在能力を引き出し、直感力、創造力を育むなど、

       石の中でも万能的な存在です。                                

5月.アベンチュリン 

       その深い緑色の容姿から豊穣や富をもたらす石と言われ、

       平和と愛をもたらすとされています。                

6月.ムーンス トーン               

       女性のお守り 恋愛 幸運のお守りに人気です。

       古代から人類に癒しを提供してきたとされる石。     

7月.カーネリアン                                                 

       古代から、幸福、幸運のお守りとして愛されていました。    

       さらに、集中力をたかめて、やる気や行動力を   

       引き起こすとも伝承されています。

8月.オレンジアゲート 

       宝石言葉は 『愛』夫婦の幸福、結婚運、愛、友愛を象徴する石といわれます。

       好きな人との感情のつながり、信頼関係を強くする恋愛のお守りとして人気です。

9月.ラピスラズリ                        

       世界で最初にバワーストーンとして認識された聖石

       古代エジプト、メソボタミア、中国など 世界中で、護符とされてきました。

       深い青は”夜空”を ちりばめられた金色を”星”と表し、

       【天を象徴する石】とされることもあったようです。

10月.ブラック・トルマリン    

       ブラック・トルマリンは、正式には『鉄電気石』といわれ、

       免疫力増強や金運アップ・電磁波防止など、

       幅広い効果が期待されると云われております。 

11月.シトリン                             

       金運・仕事運の石としてよく知られていますが、

       『気持ちを落ち着かせ、新たな自信と勇気を与えてくれる』 

       癒しの効果も期待されているパワーストーンです。 

12月.ターコイズ 

       「天の神が宿る石」として危険や邪悪なエネルギーから持ち主を守り、

       勇気と幸福をもたらしてくれるとされるパワーストーン

        その色合いからわかるように、人を癒す力が強いそうです。  

エステティックサロンの利用

経済が豊かになるとともに、エステティックサロンの数も利用者も増えています。

サロンに通いさえすれば美しくなれると錯覚させるような広告も氾濫しています。

一方、各地の消費生活センターには、説明と違うとか、皮膚障害が   あったなどの苦情も寄せられています。

*肌を手入れするといいながら、実際は化粧品の販売が主目的の所もあります。

    シミやニキビ跡が治るなど、薬事法に違反するようなセールストークに

 惑わされないように。

    肌が赤くはれ、皮膚トラベルが起きたケースもあります。

   

*脱毛にはワックスなどで一時的に行うものと、毛根を破壊する、いわゆる 

永久脱毛といわれるものがあります。

   医療機関が脱毛の際に使用するレーザーは体の中の毛を作る組織を熱で破壊しています。                                            

一度破壊された毛穴からは毛が生えてこなくなり、永久脱毛ができるという仕組みです。                                                       

これは、レーザーだけでなく、電気針脱毛という毛穴に針を通し、熱を加える方法でも同様です。                                                       

しかし、今流行りのエステサロン等の医療機関以外では、                                                

こういった体内の組織を破壊する機械の使用が認められていないため、

永久脱毛は不可能となります。                                                

エステサロンの場合は毛根を弱らせる程度の熱量で抑毛・制毛しているという言い方が正しく、                                             

医療機関であれば毛周期に合わせて5回程度の照射で脱毛が完了しますが、

 エステサロンは通い続けなければ、抑毛・制毛効果を得られません。

公正取引委員会では、電気刺激、パラフィン塗布、脂肪の揉みだし、

  空気圧や温風、バイブレーターなどの施術だけでやせられるとする広告は、   

  適正でないと業界に指導しています。                                  

大切な人ほど勧誘をする

スズキさんの勤めていた会社が倒産しました。                                      

不景気の時代だったので、特技のない                                      

中年を雇ってくれるところがなかった。                                  

家族を養うために、自分ではもっとも嫌でやりたくなかった、    

保険の外交員になった。                               

そのため知人や親せきをさけていました。                               

当然成績はあがらなかった。                                      

そんな時、従妹が急に亡くなった。                                         

45歳でした。                                 

弔問客を受けていた10歳も若い奥さんが、                             

うつろな目でこどもをだいて呆然としていた。                                      

その時、スズキさんは、                               

このような人のために保険が、有るのだと                               

悟りました。                                  

それ以来、一番大事な人こそ保険に勧誘すべき                                      

だと、身近な人に対して猛然とアタックしました。                               

自分の成績を上げるために営業するのでなく、                                      

相手の為になる営業をする事にめざめたのでした。

交通事故でも過大な賠償請求は出来ません

積極損害といって、事故によって、支出を余儀なくされた                                  

費用はその全額について賠償を請求できます。                                      

医療、治療費関係でいえば、直接の治療費のほかに                               

入院費、通品費、入院中の栄養費、購入費、そして温泉治療費、

自宅療養費、自宅療養中の付き添い看護料についても、多くの 

判例が請求を認めています。                                  

しかし、損害の公平な分担をも目的とする損害賠償制度は、                               

過大な支出や非合理的な出費について、加害者に                                  

負担させるのは公平を欠くとして、過大な治療費の                               

賠償請求は裁判例でも否定しています。                                  

たとえば、特に治療上、必要がないのに料金の                                      

高い特別室や個室を使用しても、身分あるいは                                      

病状相応の額に削られてしまうことがあります。                                  

また、入院中に必要な諸雑費(洗濯代や治療のための                                         

入浴代、暖房費、ふとんの借り代など)は                               

一般、に認められますが、寝具代、新聞代、テレビの賃借料                               

などについては、裁判例でもこれを認めているものと                                         

みとめないものとがあります。                                  

体温計代、テレビ代などの非消耗品または耐久品については、

多くの裁判例が否定的です。                                      

鍼や灸も含めたマッサージのような民間療法についても、                                  

病状により、医師の指示が有る場合に、回数や期間などを勘案、 

必要かつ妥当な範囲で賠償を認めているのが現状です。 

 

通信販売のネックレスが写真のイメージと違う

一般に通信販売による売買契約は販売会社が                                                       

広告をだし消費者がこれを見て郵便や電話、                                                       

インターネットなどで、購入の申し込みをし、                                                    

これに対して業者が承諾の通知をするか商品を                                                    

発送するという経過で成立します。                                                       

一般に通信販売による売買契約は販売会社が                                                       

広告をだし消費者がこれを見て郵便や電話、                                                       

インターネットなどで、購入の申し込みをし、                                                    

これに対して業者が承諾の通知をするか商品を                                                    

発送するという経過で成立します。                                                       

それで送られてきたネックレスは、写真で見たものよりも、 

細く、貧弱で写真のイメージとは違っているので、                                             

反品したいとの事ですが、できるかできないかは                                                

写真と現物との違いの程度によって決まります。                                                

あなたが写真を見てイメージを膨らませすぎただけで                                                       

現物と写真がその実、たいして変わらないというような   

場合では、反品はわがままというものでしょう。                                                

これに対して、写真と現物があまりにもかけ離れているとき

は、あなたは業者に対して写真に示されているのと同等の                                                

品質のネックレスと取り換えるように請求でき、業者が  

これに応じなければ契約を解除することもできます。                                                       

また、業者が故意に現物と同形の高級品を写真に撮って  

広告をするなどの不正をしており、あなたがこれに騙されて  

契約したというような場合であれば、あなたは契約の無効や                   

取り消しを主張することもできます。                                                    

いずれにしても支払代金の返還に相手方が応じないような                                                

ことがあれば、大変面倒なことですし気も重くなります。                                                

信販売でものを買う時は、粗悪品をつかまされぬよう

信用のある業者を選ぶなどの知恵がほしいものです。

 

海外旅行を申し込んだら旅行会社が倒産

ハワイ5日間のツアーに申し込み、代金を                                             

全額支払いました。                                                    

ところが出発の10日前に主催した旅行会社が                                                     

倒産してしまい、事務所は閉鎖され、社員との連絡もつきません。

このような場合は、残念ながら代金を現実に取り戻すことはできません

ツアー自体は旅行者が主催するもので、あなたは旅行者と                                                

旅行契約を結んだのですから、法律的には旅行社は契約を                                                

履行する義務をおっていますし、履行しないときにはあなたに対して 

損害賠償責任を負っています。                                                

したがって、あなたが訴訟を起こせば、相手方は裁判にも欠席 

するでしょうから、簡単に勝利判決を得ることができ、

その判決に基づいて強制執行を行えるでしょう。                                                

しかし、強制執行も相手に金銭に換価できるような財産が有る場合に    

初めて実効性があるのであって、そのような財産もないときには手続き費用が   

かかるばかりで実効性がありません。                                                    

閉鎖されている事務所に事務机などの事務用品が数多く

残されている場合ならば、ある程度の金額が回収できる可能性がありますが、

そのような物品もほとんどないことが通例です。                                                

やはりはじめから信用のおける業者を選ぶことが大切でしょう。