読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる商品やサービスの雑記

気になる商品やサービス等の雑事を書いています

海外パック旅行

夢と期待をのせた美しいパンフレット。                                                

旅行者はその日程と条件を見て参加します。                                                       

しかし、苦情の内容は、航空会社やホテル、                                                       

日程やコースの変更や中止など、約束どおりの旅行                                             

ではなかったという例が多くあります。

                                                

その原因をたどっていくと、いろいろな要素が関係して 

 複雑な場合が多く、責任の所在もあいまいになりがちです。

                                             

旅行への期待は十人十色でも、旅行条件は契約内容を                                                       

意味しますから、基本的には旅行を企画した業者の                                             

責任であることに変わりはありません。                                                

海外旅行の内容は、相手国の法令や事情に左右され、                                                       

また旅行会社や添乗員にも個性があることを                                                       

心得ておきましょう。                                                

旅行前のきめ細かな情報の提供、旅行中のアクシデントに                                                

対する処置や事故が起きた場合の対策など、事前に                                             

できるだけチェックして、誠意ある対応をしてくれる                                                       

旅行会社かどうかを判断しましょう。                                                    

価格だけに目を奪われてパックを選ぶのは、危険です。

                                                    

また、パック旅行には、人身事故、手荷物の事故に補償制度                                          

がありますが、海外旅行傷害保険に加入すればより安心です。

                                                                                                                                           

広告を非表示にする

【もらい火】は、ふつう損害賠償されません

糸魚川の先日の大火事がまだ頭に残っています。

                                                              

類焼した家では、賠償されるのか、心配な事と思われます。

                                                          

そこで、火災保険について調べてみました。                                                                     

家屋の類焼については、その出火の原因が火の不始末からであるにしても、

その不始末が単なる過失による場合は、損害賠償の請求はできません。

                                                                     

その不注意の程度がはなはだしくて、普通の過失とあるいは故意にあたる場合でなければ、損害賠償の請求はできないことになっています。

                                                                    

普通、不法行為による損害賠償の請求は、加害者の故火災の場合、木造家屋の多い我が国の住宅事情や天候により損害が以外に拡大することを考慮したり、

                                                              

失火した者が焼けだされ、自信の財産をうしなうのが常であるといったことから、

特に条件をゆるやかにして、不注意の程度が重大な過失にあたる場合に限って、

損害賠償の責任を負わせることにしています。                                                                  

 

その不注意の程度がはなはだしくて、普通の過失をとおりこし、いわゆる重大な過失か、                                                                     

あるいは故意にあたる場合でなければ、損害賠償の請求はできないことになっています。                                                                     

普通、不法行為による損害賠償の請求は、加害者の故意または過失があればできますが、                                                                     

火災の場合、木造家屋の多い我が国の住宅事情や天候により損害が以外に拡大することを考慮したり、                                                              

失火した者が焼けだされ、自信の財産をうしなうのが常であるといったことから、 

                                                                 

特に条件をゆるやかにして、不注意の程度が重大な過失にあたる場合に限って、 

 損害賠償の責任を負わせることにしています。

                                                                 

その”重大な過失”という判断にもいろいろ解釈があるわけですが、一般的には普通のひとができる                                                                  

注意義務を著しく欠いた場合をいい、裁判例は【通常の人に要求される程度の相当な注意をすれば、たやすく結果を予見できたのにこれを見過ごしたような場合】といっています。                                                                                                               

                                                                      

暑くても、寒くてもエアコン

エアコンの種類                                             

①冷房、暖房、ドライ                                                

②冷房、暖房                                                

③冷房、ドライ                                             

④冷房専用                                                    

の4種類の機種が、あります。                                                

最近は、暖房性能が向上したことから、                                                

①冷房、暖房、ドライが主流です。                                                       

また、インバーターエアコンのように                                                    

運転開始時には、フルパワーで運転し、                                                

室温の立ち上がりが早く、                                                       

部屋が適温になった後は室温の                                                

変化が小さく快適です。                                             

                                                       

その他、タバコの煙やペットの匂いを、                                                

除去して室内の空気をきれいにする                                                       

空気清浄機機能を備えたものも出回っています。                                                

                                                       

また、フィルターの掃除機能のついた、エアコンもいいですね                                                       

フィルターの掃除を怠ると、冷暖房の効果が低下                                                

するだけでなく、付着したゴミにカビが発生する事も                                                       

あります。                                                    

                                                       

加湿をする、除湿をする 両方有りますが、それはその部屋の                             

状態で決めれば良いとおもいます。                                                       

通常エアコンは、除湿する物なので、必要はないと思いますが。。。                                                

                                                       

人体の体温を感じて、人の居る方に風を送ってくれるのも、ありますね。    

 

必要はないと思いますが。。。                                                    

                                                       

注意しなくては、いけないのは、電圧の違いですね                                             

家庭の電源の種類が、100V、200V                                               

200Vでは、単三か三相のどちらか調べておくと同時に、                                             

電力会社との契約アンペアに不足が無いか調べておく必要があります。                                                       

                                                       

電気代を心配している人がいますが、                                                    

今は、昔と比べたら半分になっているとも聞きます。