読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる商品やサービスの雑記

気になる商品やサービス等の雑事を書いています

暑くても、寒くてもエアコン

エアコンの種類                                             

①冷房、暖房、ドライ                                                

②冷房、暖房                                                

③冷房、ドライ                                             

④冷房専用                                                    

の4種類の機種が、あります。                                                

最近は、暖房性能が向上したことから、                                                

①冷房、暖房、ドライが主流です。                                                       

また、インバーターエアコンのように                                                    

運転開始時には、フルパワーで運転し、                                                

室温の立ち上がりが早く、                                                       

部屋が適温になった後は室温の                                                

変化が小さく快適です。                                             

                                                       

その他、タバコの煙やペットの匂いを、                                                

除去して室内の空気をきれいにする                                                       

空気清浄機機能を備えたものも出回っています。                                                

                                                       

また、フィルターの掃除機能のついた、エアコンもいいですね                                                       

フィルターの掃除を怠ると、冷暖房の効果が低下                                                

するだけでなく、付着したゴミにカビが発生する事も                                                       

あります。                                                    

                                                       

加湿をする、除湿をする 両方有りますが、それはその部屋の                             

状態で決めれば良いとおもいます。                                                       

通常エアコンは、除湿する物なので、必要はないと思いますが。。。                                                

                                                       

人体の体温を感じて、人の居る方に風を送ってくれるのも、ありますね。    

 

必要はないと思いますが。。。                                                    

                                                       

注意しなくては、いけないのは、電圧の違いですね                                             

家庭の電源の種類が、100V、200V                                               

200Vでは、単三か三相のどちらか調べておくと同時に、                                             

電力会社との契約アンペアに不足が無いか調べておく必要があります。                                                       

                                                       

電気代を心配している人がいますが、                                                    

今は、昔と比べたら半分になっているとも聞きます。