読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる商品やサービスの雑記

気になる商品やサービス等の雑事を書いています

交通事故でも過大な賠償請求は出来ません

積極損害といって、事故によって、支出を余儀なくされた                                  

費用はその全額について賠償を請求できます。                                      

医療、治療費関係でいえば、直接の治療費のほかに                               

入院費、通品費、入院中の栄養費、購入費、そして温泉治療費、

自宅療養費、自宅療養中の付き添い看護料についても、多くの 

判例が請求を認めています。                                  

しかし、損害の公平な分担をも目的とする損害賠償制度は、                               

過大な支出や非合理的な出費について、加害者に                                  

負担させるのは公平を欠くとして、過大な治療費の                               

賠償請求は裁判例でも否定しています。                                  

たとえば、特に治療上、必要がないのに料金の                                      

高い特別室や個室を使用しても、身分あるいは                                      

病状相応の額に削られてしまうことがあります。                                  

また、入院中に必要な諸雑費(洗濯代や治療のための                                         

入浴代、暖房費、ふとんの借り代など)は                               

一般、に認められますが、寝具代、新聞代、テレビの賃借料                               

などについては、裁判例でもこれを認めているものと                                         

みとめないものとがあります。                                  

体温計代、テレビ代などの非消耗品または耐久品については、

多くの裁判例が否定的です。                                      

鍼や灸も含めたマッサージのような民間療法についても、                                  

病状により、医師の指示が有る場合に、回数や期間などを勘案、 

必要かつ妥当な範囲で賠償を認めているのが現状です。