読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる商品やサービスの雑記

気になる商品やサービス等の雑事を書いています

大切な人ほど勧誘をする

スズキさんの勤めていた会社が倒産しました。                                      

不景気の時代だったので、特技のない                                      

中年を雇ってくれるところがなかった。                                  

家族を養うために、自分ではもっとも嫌でやりたくなかった、    

保険の外交員になった。                               

そのため知人や親せきをさけていました。                               

当然成績はあがらなかった。                                      

そんな時、従妹が急に亡くなった。                                         

45歳でした。                                 

弔問客を受けていた10歳も若い奥さんが、                             

うつろな目でこどもをだいて呆然としていた。                                      

その時、スズキさんは、                               

このような人のために保険が、有るのだと                               

悟りました。                                  

それ以来、一番大事な人こそ保険に勧誘すべき                                      

だと、身近な人に対して猛然とアタックしました。                               

自分の成績を上げるために営業するのでなく、                                      

相手の為になる営業をする事にめざめたのでした。