読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる商品やサービスの雑記

気になる商品やサービス等の雑事を書いています

通信販売のネックレスが写真のイメージと違う

一般に通信販売による売買契約は販売会社が                                                       

広告をだし消費者がこれを見て郵便や電話、                                                       

インターネットなどで、購入の申し込みをし、                                                    

これに対して業者が承諾の通知をするか商品を                                                    

発送するという経過で成立します。                                                       

一般に通信販売による売買契約は販売会社が                                                       

広告をだし消費者がこれを見て郵便や電話、                                                       

インターネットなどで、購入の申し込みをし、                                                    

これに対して業者が承諾の通知をするか商品を                                                    

発送するという経過で成立します。                                                       

それで送られてきたネックレスは、写真で見たものよりも、 

細く、貧弱で写真のイメージとは違っているので、                                             

反品したいとの事ですが、できるかできないかは                                                

写真と現物との違いの程度によって決まります。                                                

あなたが写真を見てイメージを膨らませすぎただけで                                                       

現物と写真がその実、たいして変わらないというような   

場合では、反品はわがままというものでしょう。                                                

これに対して、写真と現物があまりにもかけ離れているとき

は、あなたは業者に対して写真に示されているのと同等の                                                

品質のネックレスと取り換えるように請求でき、業者が  

これに応じなければ契約を解除することもできます。                                                       

また、業者が故意に現物と同形の高級品を写真に撮って  

広告をするなどの不正をしており、あなたがこれに騙されて  

契約したというような場合であれば、あなたは契約の無効や                   

取り消しを主張することもできます。                                                    

いずれにしても支払代金の返還に相手方が応じないような                                                

ことがあれば、大変面倒なことですし気も重くなります。                                                

信販売でものを買う時は、粗悪品をつかまされぬよう

信用のある業者を選ぶなどの知恵がほしいものです。